生命保険は必要なの?

生命保険の必要性

通常私達は、定期的な収入と支出のやりくりをすることで、安心できる家庭生活を送っています。

定期的な収入は、一家の働き手が亡くなるなど、働けなくなってしまうと、入ってこなくなります。
また、入院などが発生すると、支出も大幅に増えてしまいます。

私達は、病気や事故、災害により、いつ死亡したり入院したりするか分かりません。また、このようなことが無く、無事に長生きできた場合も、十分な収入・蓄えがあるとは限りません。

このように、私達はいつ収支のバランスが崩れ、経済的に困った状態になるか分かりません。

そのようなリスクに備えるために生まれたのが、生命保険です。
生命保険は、「生命」とは言いますが、病気や災害による死亡の場合だけでなく、病気や怪我の際の治療・入院費用の確保や、老後の生活の保証にも活用することができます。

生命保険の必要性は、近年さらに増している

自己責任の高まり

現在は、1世帯あたりの人数が少なくなり、いわゆる核家族世帯が増えており、全体の半数以上にまでなっています。(核家族とは、夫婦のみの世帯、夫婦とその未婚の子供の世帯、1人親とその子供の世帯のことを言います。)

最近では、高齢者の単独世帯も増えており、自分の生活を自分と少数の家族だけで守らなければならない状況になっています。

老後の長期化

日本人の平均寿命は、平成29年時点で、男性が81歳、女性は87歳となっています。
定年は未だに60歳前後の会社が多いですから、かつてと同じ生涯収入で、より長い老後の生活費をまかなわなければなりません。

本当に生命保険は必要?国や企業の保障だけではダメなの?

老後の生活や家族の生活を守るための保障には、国や地方公共団体による社会保障や、勤める企業が行う企業保障もあります。

社会保障(国・地方公共団体による保障)の現状

日本の社会保障制度には、国民年金や健康保険、介護保険など、各種の制度があります。これらは、国民がいわゆる「健康で文化的な最低限度の生活」を営むことができるよう、国やなどが用意している制度です。

現在の日本は、平均寿命が伸びる一方、出生率が低下し、少子高齢社会となっています。そのため、社会保障の財源確保が従来よりも困難になり、持続可能な社会保障制度のあり方について、見直しが進んでいます。

企業保障

企業保障制度は、企業が従業員への福利厚生として実施しているものです。従業員の退職後の生活保障を目的とした「退職金」や、従業員の遺族への保障を行う弔慰金制度などがメジャーなもので、最近は、従業員の資産形成のための財産形成制度なども広まりつつあります。

実際、どれぐらいの人が生命保険に入っているの?

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

コメントを残す

*