生命保険の種類

生命保険の種類 ~どのような場合に支払われるか~

生命保険は、どのような場合に保険金が支払われるかによって、大きく3つのタイプに分かれます。
死亡保険
生存保険
生死混合保険
の3つです。

※保険金

死亡保険

死亡保険では、被保険者が死亡したり高度障害になってしまったりした場合に、保険金が支払われます。

その中でも、保険金を受け取ることができる期間によって、
終身保険
定期保険
定期保険特約付終身保険
の3つに分かれます。

「定期保険」は、保険金を受け取れる期間が決まっており、その期間内で死亡や高度障害になってしまった場合に保険金を受け取ることができます。例えば60歳で満了する定期保険の場合は、60歳までに死亡・高度障害が発生した際にのみ保険金を受け取れます。

一方で、「終身保険」の場合は期間が決まっておらず、一生のうち、いつ死亡したり高度障害になったりしても保険金を受け取ることができます。

この2つを組み合わせたものが「定期保険特約付終身保険」で、一生涯の保障に加えて、一定期間だけ「定期保険」分の保険金を上乗せできることになります。

※被保険者
※高度障害
※特約:通常の保険プラスαの「特」別な「約」束です。もとになる契約(主契約と言います)に加えて、保証内容を充実させることができます。

生存保険

生存保険は、被保険者が生存している場合にのみ保険金を受け取ることができます。

年金をイメージすると分かりやすいかもしれません。年金は、60歳を過ぎても生存している場合にのみ受け取ることができますよね。

保険では、「年金保険」「貯蓄保険」などが典型的です。
ただ、純粋な生存保険はほとんど存在しておらず、死亡保険と組み合わせた生死混合保険がほとんどです。

生死混合保険

生死混合保険は、死亡保険と混合保険が組み合わさったものです。死亡したり高度障害になってしまったりした際も、そうならず、無事に生存している際も保険金を受け取ることができます。

「死亡・高度障害の際の保険金額」と「生存時の保険金額」が同じか異なるかによって、さらに以下の2種類に分かれます。
養老保険
定期保険特約付養老保険

養老保険の場合は死亡・高度障害時と生存時の保険金額が同じになります。
逆に、定期保険特約付養老保険では、死亡・高度障害に対する保険金額を、生存時の保険金額に上乗せして手厚く保障することができます。

定額保険と変額保険

受け取れる保険金額が、固定か変動するかによっても、保険は分類することができます。
契約時に定めた保険金額が一定で変わらないものを「定額保険」と言い、変動するものを「変額保険」と言います。

変額保険

変額保険では、保険会社が皆さんから預かった保険料を、お客様に代わって運用し、その成果に応じて皆さんの保険金が決まります。
そのため、より大きな金額を受け取れる可能性がある反面、リスクも伴いますから、よく注意して利用する必要があります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*